うちの子スプーン使えません。コップも一人で持てません。

こんばんは。

保育園や幼稚園も、5月になると、新年度のバタバタも収まってきて、初めは遠慮がちだった先生方も、ちょっとあれこれ保護者に対して要望なんかを提示してくることが増えて来るかと思います。

「持ち物に名前を書いてください」

「おうちではトイレトレーニングされていますか?」

「ご飯はどんなふうに食べていますか?」

今回は、このご飯についてです。

唐突ですが、保育園に入る、またはいれると決めてから、おうちではお子さんのご飯について、どのように進めてこられたでしょうか?

ここのおうちでの頑張りで、入園してからのお子さんの過ごしやすさが変わってきます。

「ンな事今頃言われたって遅いわ!」

そうですね。でも、まだ取り返しは出来ます。

お子さんが1歳児クラス以上ですと、現時点で、おうちでスプーンを一人で使えない。コップで飲めない、というのは、はっきり申し上げて、ちょっと、遅いです。

使えない原因は、おうちで練習しないからです。

事情は分かります。

自分で食べさせる練習なんて、大変ですものね。食べさせた方がずっと楽です。汚されたくないし。

どうせ保育園に入ったら先生が教えてくれるし、という気持ちもあるでしょう。

確かに保育園で練習してもらえるかもしれませんが、お子さんにとってはストレスです。

園児はあなたのお子さんだけではありません。一度に大勢の子供の相手をするのですから、先生が1対

1でずっとついてくれるわけでありません。

自分で食べられない。手づかみだというお子さんは、新入園児さんには多いのですが、やはり手がかかりますし、そのようなお子さんを何人も一人で見なければならないとなると、時間がかかりすぎて、最後まで食べきれずに時間切れになってしまうこともあります。

食べさせられるのをじっと待っていたり、自分で手づかみで食べているうちに眠くなってしまう、こぼして服が汚れる等、気分良く最後まで食べる事が難しくなります。

そのことで洗濯物も増える、おなかがすいてお昼寝出来ない。結果、不機嫌、泣いて過ごす、など、自分で食べられないだけで、色々と弊害が出てくることも多いのです。

こうならないためにも、入園させると決まったら、「先生がしてくれる」ではなく、なるべくお子さんがストレスなく1日を過ごせるよう、スプーンやコップの練習を始めてください。

もう入園してしまった。先生から練習するように言われた方は、お仕事がお休みの日だけでもいいので、練習してください。

一度に完璧にする必要はありません。

少量をお皿にとって、それだけでも自分で食べられるよう、手を添えてあげて、上手に口に運べたら盛大に褒めてあげる事を繰り返します。

コップもです。手を添えて、ほんの少量からでいいのでコップを持って飲めるようにしていきましょう。

給食やおやつの時間に、食べさせてもらうのをじっと待ったり、上手に食べられないために先生の手が回らず、泣いたり、服を汚したりおなかを空かせるより、下手でも自分でスプーンやコップを使って食べられる子の方が気分よく過ごせるのですから。

めんどくさいなあと思われるかもしれませんが、ピンポイントで手をかけることで、長い目で見れば、親も子も、快適に過ごせるからです。

まずは、今週のお休みの日の前日の晩御飯、一口でもスプーンで食べられるように取り組んでみてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする